ビタミンCでお肌に嬉しいデザート!かぼすゼリーの作り方はコレ!

最近、実家で採れたかぼすが送られてきたので、果汁たっぷりの「かぼすゼリー」を作ってみました(^^♪

かぼすゼリーはビタミンC、コラーゲンたっぷりでお肌に嬉しいデザートです!!

かぼすゼリーのレシピを画像付きで解説しておきますので、是非お試しあれっ(*´▽`*)

普段カボスは食べ物の引き立て役なのですが、そのカボスをメインにしたデザート「かぼすゼリー」も最高に美味しいです(^^♪

スポンサーリンク
SHOTALAB.COM 336 x 280 レクタングル (大)

「かぼす」とは!?

簡単にカボスについて紹介しておきます!

僕は大分県出身なのですが、大分県ではカボスは焼き魚、刺身、天ぷら、鍋、に絞ったり、焼酎に入れたり、みそ汁に入れて食べる家庭もあるほど親しまれている食べのもです!!

かぼすは全体の約96%が大分県で生産されており、消費量も大分県が90%を占めています(*´▽`*)

完全に大分県の特産品ですね!!

大分県カボス振興協議会のHPにわかりやすい説明がありましたので載せておきます!

カボスは、香酸柑橘類の中でも酸味が強すぎないので食材の味を酸味で消すことがなく、またミネラル由来の塩味・苦味・甘味が相対的に高いため、焼き魚や鶏肉、牛肉等の素材の味わいを引き立たせるような料理に使うことにより、素材の味わいとの調和が活かされると考えられます。
また、ミネラル分としての塩味がしっかりとしていることから、食材に塩を添加する代わりにカボスを添加することにより減塩効果が期待されます。

-味香り戦略研究所 調査結果より-

http://www.oitakabosu.com/より引用

「かぼす」と「すだち」の味の違い!

「すだち」よりも「かぼす」のほうが酸味が弱く甘みが強い傾向にあります!

酸味が強すぎないことから、食材の味を打ち消すことなく、食材の味を引き立てられるようですね(*´▽`*)

僕は特に、焼きさんまに大根おろし、醤油、かぼすをかけて食べるのがほんとに美味すぎです!!

他の県ではすだちをかけて食べているようです(^^♪

かぼすゼリーの作り方

それでは本題のかぼすゼリーのレシピを画像付きで解説します(*´▽`*)

かぼすゼリーの作り方を知りたい方はこれを見て是非作ってみてください(^^♪

☆材料 (2個分+α)

・水 300㎖程度

・ゼラチン 1袋(5g)

・砂糖 スティック4本(大さじ2)

・はちみつ 大さじ2

・かぼす 2個

・かぼすの輪切り 2枚

☆レシピ

①小鉢に水を50㎖入れる。

②ゼラチンを溶かしてふやかす。

③かぼすのスライスを2枚確保し、残りのカボスを絞る。

④鍋に水250㎖入れる。

⑤砂糖スティック4本を入れ、沸騰しない程度に加熱する。

⑥火を止めた後、はちみつを入れて溶かす。

⑦ ③を入れて十分溶かす。

⑧粗熱がとれるまで待つ。

⑨カップに入れてスライスしたカボスを浮かせる。

冷蔵庫で4時間冷やすと出来上がり。

今回は多めに入れたので2個分(少し余った(;´・ω・)笑)でしたが、もう少し量を減らせば3個分作れそうです(*´▽`*)

冷蔵庫に入れて待つこと4時間!

プルプルなカボスゼリーを美味しく頂きました(^^♪

今回はカボスゼリーの作り方(レシピ)を解説しました。

美味しくて、ビタミンC、コラーゲンが補給できるカボスゼリーはおすすめのデザートです(*´▽`*)

固める前に味見してかぼすや砂糖の量を調節すると自分好みの味に仕上がると思います!

是非試してみてくださいね!!

ではでは!

スポンサーリンク
SHOTALAB.COM 336 x 280 レクタングル (大)
SHOTALAB.COM 336 x 280 レクタングル (大)

シェアする!!