WindowsPC内の動画をiPhoneのカメラロールに入れる方法!

iPhone

この記事ではWindowsPC内にある動画ファイルをiPhoneのカメラロールに入れる手順について解説します。

この記事で解説している方法を使えば、動画ファイルの他にも画像ファイルやPDFファイル等もPCがらiPhoneへ移動させることができますので覚えておくと便利です。

スポンサーリンク

PC内の動画ファイルをiPhoneのカメラロールに入れる方法

PC内の動画データをiPhoneに移す方法はひとつではなく、いくつもありますが、今回は私がよく使っている方法を紹介します。

この方法では、以下のように二段階の作業を行います。

  1. PC内の動画ファイルをiPhoneのClipbox+アプリに移動
  2. iPhoneのClipbox+アプリからカメラロールに移動

それでは、それぞれの作業毎に手順を解説します。

PC内の動画ファイルをiPhoneのClipbox+アプリ内に入れる手順

①iPhoneに「Clipbox+」又は「Mixdata」アプリをインストール

「Clipbox+」又は「Mixdata」アプリをiPhoneにインストールします。どちらのアプリもほぼ同じものなのでどちらか好きな方で構いません。

「Clipbox+」

②PC側でiTunesを起動してiPhoneを電源ケーブルで接続

PCにiPhoneが認識されたら下の画像のようなiPhoneマークが出てくるのでクリック。

③左のメニュー一覧から「ファイル共有」を開く

④Appから「Clipbox+」を選択

※「Mixdata」を使用の場合も同様。

⑤「Clipbox+」の書類の枠内にiPhoneに入れたい動画を入れる

「Clipbox+」の書類の枠内にiPhoneに入れたい動画をドラッグアンドドロップする。
この操作によりiPhone内の「Clipbox+」アプリから動画をが転送されてiPhoneから閲覧可能になる。
※「Mixdata」を使用の場合も同様。

iPhoneのClipbox+内の動画ファイルをカメラロールに移動する手順

※「Mixdata」を使用の場合も同様。

①iPhoneで「Clipbox+」アプリを起動して「MyCollection」をタップ

※日本語表記の場合もあります。

②右上の「Action」をタップ

※日本語表記の場合もあります。

③下のメニューを左にスワイプ

④カメラロールに移動させたいファイルにチェックを入れて送信

カメラロールに移動させたい動画ファイルを選択して、下のメニューの「Camera Roll」をタップすれば、カメラロールに動画がコピーされます。

※コピーに少し時間がかかりますのでカメラロールに反映されるまで数秒から数十秒かかることがあります。
※日本語表記の場合もあります。

最近ブログの更新が滞っており久しぶりの投稿になります。

今回は、職場の方からの依頼で「WindowsPC内にある動画ファイルをiPhoneのカメラロールに入れる手順」について解説する記事を作成しました。

この方法で動画の他にも写真、PDF、Textなど様様なデータをPCからiPhone内に取り込むことができるので非常に便利で応用が効きます。

最近は、iCloud等のクラウドサービスが充実してきており、有料ですが契約してしまえば、ネットが繋がる環境ならどこでも、目的のファイルにアクセスできるようになりましたが、クラウドは有料サービスで毎月お金がかかりますし、オフラインだと役に立たないという欠点があります。

今回解説した有線でのデータやり取りの方法を覚えておくと、PCとiPhone間のデータやり取りが簡単にできて便利だと思います。

それではまた( ^_^)/~~~

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました