MacBook Air 2017でSidecarPatcherを試してみた!戻し方も解説!

先日リリースされたmacOS「Catalina」で新しく追加された新機能「Sidecar」ですが、対応機種は一部の機種に限定され多くのMac、iPadではSidecarが使えない状況です。

私が使用している「MacBook Air 2017」もSidecar非対応でした…。Sidecarを使ってみたかったので、これはかなりショック…。

しかし、Sidecar非対応MacでもSidecarを使えるようにするSidecarPatcherというものがあることを知り、「MacBook Air 2017」でSidecarPatcherを試してみたら、Sidecar機能を使用することができるようになりました。

この記事ではSidecarPatcherの利用方法と、SidecarPatcher適用後に元に戻す方法について、備忘録も兼ねて画像付きでかなり丁寧にまとめておきます。

SidecarPatcherはAppleが公式で認めていない機能を追加するカスタムのため不具合が起こる可能性がありますので、不具合に対してご自身で対応できる方のみ、ご自身の責任で試すようにしてください。
スポンサーリンク
SHOTALAB.COM 336 x 280 レクタングル (大)

SidecarPatcherの適用方法

この作業を行うには「Xcode」をインストールし、ログインしておく必要があります。

①SidecarCoreファイルのバックアップを作成

/System/Library/PrivateFrameworks/SidecarCore.framework/Versions/A/SidecarCore

上記パスの「SidecarCore」というファイルを別のフォルダにバックアップします。
これがないと元に戻せなくなってしまいます。

まずはFinderを開いて上の「移動」メニューから「コンピューター」を選択。

「システム」フォルダを開く。

「ライブラリ」フォルダを開く。

「PrivateFrameworks」フォルダを開く。

「SidecarCore.framework」フォルダを開く。

「Versions」フォルダを開く。

「A」フォルダを開く。

ようやく「SidecarCore」ファイルが出てきました。
これをバックアップしておきます。

私はダウンロードフォルダ内に「Sidecarバックアップ」というフォルダを作成し、その中へ「SidecarCore」のファイルをコピーしておきました。

System Integrity Protectionを無効にする

Macのシステムファイルの改竄を防ぐシステム整合性保護(System Integrity Protection: SIP)を一時的に無効にする必要があります。

「🍎メニュー」から「再起動」を選択します。

画面が真っ黒になったと同時に「command」と「R」のキーを同時に長押します。
りんごマークが出るまで長押ししてください。

ここまでくればキーは離してOK。

このような画面が出たらログインします。

「ユーティリティ」メニューから「ターミナル」を選択。

csrutil disable

と入力して「Enter」を押します。

「🍎メニュー」から「再起動」を選択します。

Macが再起動したら「ターミナル」を起動して、システム整合性保護(System Integrity Protection: SIP)が無効化されたか確認しましょう。

csrutil status

と入力して
disabled
と表示されればOKです。

③SidecarPatcherをダウンロードします

SidecarPatcher

↑ここから最新版の「SidecarPatcher.zip」をダウンロードします。

ダウンロードして「SidecarPatcher.zip」を開くと、「SidecarPatcher」が出てきます。

④コマンドを実行

まず、ターミナルに

chmod +x 

と入力して「SidecarPatcher」をターミナル上にドラッグアンドドロップします。
するとパスが入力されますので、「Enter」を押します。

次に、ターミナルに

sudo 

と入力して「SidecarPatcher」をターミナル上にドラッグアンドドロップします。
「Enter」を押します。

パスワードを入力します。

⑤再起動すればSidecarが現れる

システム環境設定に「Sidecar」のアイコンが現れました。

非対応Macの場合は有線接続の場合のみ利用できるようです。
無線接続ではエラーが出て接続できませんでした。

なんとかSidecar非対応MacでもSidecarを利用することができるようになりました。

しかし、Sidecar非対応Macでは画質が悪く、iPadに写った映像がちらつきます。
まともに使用することは厳しそうな様子です。

Sidecar非対応Macでは「Duet Display」や「Luna Display」を使用する方が良さそうです。

作業後はシステム整合性保護(System Integrity Protection: SIP)を有効にしておきましょう。
②System Integrity Protectionを無効にする

csrutil disable

と入力したところを

csrutil enable

と入力すればOKです。

SidecarPatcherを元に戻す方法

SidecarPatcherを適用したあと、Sidecar適用前の状態に戻す方法を解説します。

①System Integrity Protectionを無効にする

②System Integrity Protectionを無効にするで解説しているのでそちらをご覧ください。

②コマンドを実行

ターミナルに

sudo mount -uw /

と入力して「Enter」を押します。
パスワードを入力して「Enter」を押します。

ターミナルに

sudo cp 

と入力してバックアップしておいたSidecarCore(コピー元パス)をドラッグアンドドロップしてパスを入力します。
続けてSidecarCoreのパス

/System/Library/PrivateFrameworks/SidecarCore.framework/Versions/A/SidecarCore

(コピー先パス)を入力して「Enter」を押します。

sudo codesign -f -s- /System/Library/PrivateFrameworks/SidecarCore.framework/Versions/A/SidecarCore

と入力して「Enter」を押します。

sudo chmod 755 /System/Library/PrivateFrameworks/SidecarCore.framework/Versions/A/SidecarCore

と入力して「Enter」を押します。

③再起動すれば元に戻ります

これでSidecarが無効になりました。
システム環境設定から「Sidecar」のアイコンが無くなっていれば成功です。

作業後はシステム整合性保護(System Integrity Protection: SIP)を有効にしておきましょう。
②System Integrity Protectionを無効にする

csrutil disable

と入力したところを

csrutil enable

と入力すればOKです。

今回は、Sidecar非対応のMacでSidecarの機能を使えるようにするためのツールSidecarPatcherの使い方を画像付きで詳しくまとめてみました。

Sidecar非対応のMac「MacBook Air 2017」とSidecar非対応のiPad「iPad Air2」の組み合わせでもSidecarを利用することができるようになりました。
しかしSidecar非対応MacでのSidecarでは画面のちらつきがありますし、画質がよくないです。

画質が気になる方は、Sidecar非対応Macでは「Duet Display」や「Luna Display」を使用する方が良さそうです。

それではまた( ^_^)/~~~

スポンサーリンク
SHOTALAB.COM 336 x 280 レクタングル (大)
SHOTALAB.COM 336 x 280 レクタングル (大)
関連記事

関連記事



シェアする!!