【Jailbreak】iOS14のiPhoneSE2を脱獄して入れたアプリを紹介

iPhone
この記事は約4分で読めます。

こんにちは、しょうたです。

今日の内容は結構マニアックな話です。

先日、「A12,A13」で「iOS 14.6〜14.8」のiPhoneを、脱獄可能にする「unc0ver v8.0.1」がリリースされたとの情報を知りました。

僕が使用しているiOS14.7.1のiPhoneSE2は脱獄可能な機種に入っていたので、久しぶり(約3年ぶり?)にiPhoneの脱獄をしてみました。

今回は僕の備忘録用に、脱獄した手順と、脱獄後に入れたアプリについて簡単にまとめておきます。

※この記事の内容に関してはサポート出来ませんので、予めご了承ください。

スポンサーリンク

Unc0ver v8.0.1でiPhoneを脱獄

脱獄関連の情報は、iPhone4Sを使ってた10年前からほぼすべて、SANTAさんのBlog「Tools 4 Hack」を参考にさせていただいております。

今回参考にさせて頂いたのはこちらの2ページ。

https://tools4hack.santalab.me/howto-a12-a13-ios146-148-jailbreak-unc0ver-v80x.html
https://tools4hack.santalab.me/howto-alldevice-ios11-ios14-ios143-jailbreak-unc0ver6.html

最新版は「Unc0ver v8.0.2」なのですが、 [2/32]でiPhoneの電源が落ち、再起動してしまい何度やっても失敗。
解決策としてiPhoneSE2を脱獄する場合は旧バージョンの 「Unc0ver v8.0.1」を使用することです。2~3回目で成功しました。

iPhone脱獄完了後にインストールされるアプリ

iPhoneを脱獄すると画像の様に4つのアプリがインストールされます。

Cydiaでインストールした脱獄アプリ

ここからが脱獄の醍醐味。Cydiaで好きなアプリを入れることが出来ます。

備忘録として入れたアプリの名前だけまとめておきます。

Filza File Manager

脱獄したらとりあえず入れておくべきファイラーアプリです。
トラブル発生時のリカバリーに使えたり、アプリゲームやってる人はリセマラの高速化に使えます。

Filza File Manager 3.8.1-29 (公式リポではなくBigBossのやつ)

A-Bypass

脱獄対策を回避してアプリを使用可能にしてくれます。もちろんすべて使用可能にはなりませんが、「住信SBI」や「セブンイレブン」のアプリはこれを適用することで回避出来ています。

https://tools4hack.santalab.me/jbapp-com-rpgfarm-a-bypass.html

NotRecording

画面収録が禁止されているアプリでも、画面収録の検出をブロックすることで画面収録を行えるようにしてくれるアプリです。もちろんすべてのアプリが画面収録可能になるわけではありません 。

https://tools4hack.santalab.me/jbapp-com-opa334-notrecording.html

ShutterSoundSwitch

iPhone純正のカメラアプリのシャッター音を消すことが出来るアプリです。スクリーンショットの音も消せるので便利です。

YouTubePatcher

YouTubeのバックグラウンド再生が可能になるアプリです。

PowerSelector (iOS 11 to 14)

電源メニューからシャットダウンに加え、リスプリングや再起動ができるようになるアプリです。
iPhoneの調子が悪い時にリスプリングを可能にするのが目的です。
「unc0ver」での脱獄環境のため再起動すると脱獄状態ではなくなってしまい面倒なので、リスプリングで解決しない場合のみ再起動するようにしています。

https://tools4hack.santalab.me/jbapp-com-ichitaso-powerselector11.html

この記事は完全に備忘録なのでわかりやすさは無視です。笑

iPhone6sPlus以来の久しぶりの脱獄環境に、懐かしさを感じながら堪能しています。
今後アプリを追加した場合は追記していく予定です。

それではまた(@^^)/~~~

コメント

タイトルとURLをコピーしました