【録音&通話】MacやiPhoneに外部マイクを接続して高音質化

iPhone
この記事は約4分で読めます。

こんにちは、しょうたです。

先日、友人から「動画のアフレコをするためにMacBook Proに外部マイク「RODE VideoMicro」を接続して録音しようとしたけど使えない。どうすりゃ良いの?」という相談を受けました。

実は、MacBookやiPhoneは4極端子のため、3極端子の外部マイクをそのまま接続して使用することはできないんです。

そこで、今回はMacBookやiPhoneの4極3.5mmジャックに3極の外部マイクを接続する方法と、接続に必要な変換アダプターを紹介します。

スポンサーリンク

【録音のみ】MacやiPhoneで外部マイクを使用する方法

記事の冒頭でも紹介したとおり、MacBookやiPhoneは4極端子のため、3極端子の外部マイクをそのまま接続して使用することはできません。

そこでRODEから純正の変換ケーブル「SC4 3.5mm TRS-TRRS変換アダプター」が販売されています。

「SC4 3.5mm TRS-TRRS変換アダプター」を接続すると、RODE VideoMicroの3極端子が4極端子の形に変換されます。
これでMacBookやiPhoneの4極3.5mmジャックに接続して録音することができます。

【録音+通話】MacやiPhoneで外部マイクとヘッドホンを使用する方法

RODEの純正変換ケーブル「SC4 3.5mm TRS-TRRS変換アダプター」を接続すると、録音はできるものの音がMacやiPhoneからの出なくなってしまうので通話ができません。

最近はコロナウイルスの流行もあり自宅時間が増えたことで、ZoomやLINE等でのビデオ会議やオンライン飲み会など、でビデオ通話する機会が増えてきたという方も少ないくないと思います。
音声SNSと言われるClubhouseなんかもこの通話用途と同じです。

この様な通話の用途で外部マイクを使用する場合は、MacBookやiPhoneに外部マイクと同時にヘッドホンを両方同時に接続する必要があり、それを可能にするアイテムがこちらの「ヘッドホン マイク 分配ケーブル」です。

「ヘッドホン マイク 分配ケーブル」を使用することで、LINEでの通話やZoomでのビデオ会議、音声SNSのClubhouse等でお好きな外部マイクとヘッドホンを使用して、高音質な通話が実現できます。

「分配ケーブル」がひとつあれば、RODEの純正変換ケーブル「SC4 3.5mm TRS-TRRS変換アダプター」がなくても録音が可能なので、通話用途でも使用したいという方には、こちらの「分配ケーブル」を購入することをおすすめします。

ただし、録音用途にしか使用しない場合には端子がフリーになることからノイズの発生などを考慮すると「分配ケーブル」ではなく「SC4 3.5mm TRS-TRRS変換アダプター」の方をおすすめします。

※イヤホンジャックの無いiPhoneは追加で変換アダプターが必要

iPhone6sまでのiPhoneであれば、先程紹介した「SC4 3.5mm TRS-TRRS変換アダプター」または「分配ケーブル」を接続するだけで使用できるのですが、iPhone7以降発売されたiPhoneはそもそも3.5mmジャックがないので、これではまだ使用することができません。

先ほど紹介した「SC4 3.5mm TRS-TRRS変換アダプター」または「分配ケーブル」に加え、Apple純正の「Apple Lightning – 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ」を接続することで使用可能になります。

今回は、MacやiPhoneに外部マイクを接続して高音質で録音したり、外部マイクとヘッドフォンを接続してLINEでの通話やZoomでのビデオ会議、音声SNSのClubhouse等で高音質な通話を実現する方法を紹介しました。

MacやiPhoneで外部マイクが使用したいという方は参考にしていただければ幸いです。

記事に登場したマイク「RODE VideoMicro」の紹介

ちなみに今回使用した外部マイクはYoutuber御用達の「RODE VideoMicro」です。
RODE VideoMicroは、単一指向性のコンデンサーマイクで、野外での風切り音を大幅に低減するウィンドジャマー(風防)がセットで付いているのに7千円以下で購入できる高コスパなマイクです。

MacBook AirとRODE VideoMicro

気になった方は是非チェックしてみてください。

それではまた( ^_^)/~~~

コメント

タイトルとURLをコピーしました