Osmo Pocketのスローモーション撮影時は画角が狭くなる!?

先日、Osmo Pocket(オズモポケット)でスローモーション撮影(Slow Motion)をしてみようと思い、スローモーション撮影モードにして見ると動画や静止画撮影のモードと比べて画角がかなり狭くなってしまうことに気づきました。

まず、ソフトウェアの不具合とか、ソフトウェアアップデートに失敗したのかなとか不具合を疑いましたが…

DJIサポート(DJI Support)に問い合わせてみた結果、「Osmo Pocket(オズモポケット)でスローモーション撮影時に画角が狭くなるのは製品仕様です。」と説明されました。

今回は、Osmo Pocket(オズモポケット)でスローモーション撮影時に画角が狭くなる理由と、実際どのくらい画角が狭くなるのかについてレビューしていきます。

スポンサーリンク
SHOTALAB.COM 336 x 280 レクタングル (大)

Osmo Pocketのスローモーション撮影時は画角が狭くなる!

先日、Osmo Pocket(オズモポケット)でスローモーション撮影(Slow Motion)をしてみようと思い、スローモーション撮影モードにして見ると動画や静止画撮影のモードと比べて画角がかなり狭くなってしまうことに気づきました。

動画撮影時と画角(FOV)比較!

Osmo Pocketでスローモーション撮影時に、通常の動画撮影時と比べてどのくらい画角が狭くなるのか、撮影中の画面をスクリーンショットして比べてみました。

通常の動画撮影時

スローモーション撮影時

約2倍ズームってとこですかね。
このように、かなりズームされて寄った状態での撮影になります。

スローモーションで画角(FOV)が狭くなるのは仕様!

DJIサポート(DJI Support)に問い合わせてみた結果、「Osmo Pocketでスローモーション撮影時に画角が狭くなるのは製品仕様です。」と説明されました。

画角(FOV)が狭くなる原因について

スローモーションで撮影する場合、1080p/120fpsでの撮影が行われます。

カメラICチップの処理能力上の制限があり、通常撮影よりも高いフレーム数(120FPS)で撮影を行う場合は、正常に動作が行えない可能性を回避する為、画角(FOV)を80°から35°まで変更し負荷を軽減しているようです。

Osmo Pocketでスローモーション撮影時に画角が狭くなるのは、カメラICチップの処理能力を考えた上で、4K映像の画面中央をトリミングして1080P映像にした結果、画角(FOV)が80°から35°まで縮小しているということらしいです。

今後のアップデートで画角を変更せずに、1080p120fpsのスローモーション映像を撮影できるようなアップデート来らた嬉しいなーと思いますが、技術的に厳しいのかな…?

スローモーション映像は綺麗!

画角が狭くなるとはいえ、Osmo Pocketでは1080pで120fpsのスローモーション映像が撮影できます!

撮影された映像もとっても綺麗です(*´ω`*)

インスタグラムにアップロードした映像がこちらからご覧いただけます。

View this post on Instagram

河野 翔太 [Shota Kawano]さん(@shotalab)がシェアした投稿

インスタグラムにアップロードすると画質が劣化するので、いずれはYouTubeに高画質でアップロードして見れるようにする予定です。

Osmo Pocketは116gという超小型の本体に3軸ジンバルを搭載した最新のカメラです。
3軸ジンバルを搭載しているということで、超スムーズでハイクオリティーな動画が撮影できます。しかもコンパクトなので持ち運びに便利です。

これからOsmo Pocketのレビュー記事を書いていく予定です。
それではまた( ^_^)/~~~

スポンサーリンク
SHOTALAB.COM 336 x 280 レクタングル (大)
SHOTALAB.COM 336 x 280 レクタングル (大)
関連記事

関連記事



シェアする!!